131-無常に直面していますか? 幸いなことに、仏教はすべて生と死に関するものです

仏教の中心点は、無常、または”生と死の大きな問題”に過ぎません。”私たちの練習は、あなたが全体の事件についてより良い気分にさせるための決まり文句や信念をはるかに超えています。 代わりに、私たちの練習は、私たちが保持することは絶対に何もない世界で生きていることの経験と意味を直接かつ個人的に探求することです。 もちろん、その事実、そして完全に生きているという事実を除いて、私たちは何も保持していないということを意味します。

コンテンツへのクイックリンク:
仏教、無常、生、死
最初から:仏の精神的な検索
無常についての仏の洞察
私たちの直接かつ個人的な無常の探求
無常と死が近いように見える時代を受け入れる

私がこれを投稿すると、それはMarch25th、2020です。 世界的なコロナウイルスのパンデミックのために、私たちは何十万人もの人々の早すぎる死の強い可能性、広範な身体的、感情的、経済的な苦しみ、そして私たちがすべて依存している多くの社会システムの崩壊の可能性に直面しています。 私たちの生活の日々の現状の無常と脆弱性は、少なくとも比較的幸運な状況での生活に慣れている私たちにとっては、通常よりもはるかに明白にな 私たちが通常頼りにしているすべてのものが奪われたり、大きな不確実性の状態に置かれたりすると、私たちは何をしますか? 意味と秩序の感覚を保持する私たちの存在を考える方法はありますか? 私たちの足の下の地面が絶えず動いているとき、私たちは強さとインスピレーションのために何に頼ることができますか?

仏教、無常、生と死

幸いなことに、仏教はすべて無常に関するものであり、私たちは生と死の偉大な問題とも呼ばれています。 あなたは仏教の”生と死の大きな問題”をハイフネーションされていると考えるかもしれません:生と死。 私たちは、避けられない死の文脈での人生の経験、そして人生のしばしば歓迎されないが絶対に不可欠な側面であるとしての死を懸念しています。 そして、仏教の焦点は、いかなる手段によっても、肉体的な生と肉体的な死の関係に限定されません。 無常は、私たちが刻々と、一日一日、一年一年に直面しているものです。 すべてが変化するという事実は、例外なく、すべての人間の苦しみの源です。

このエピソードでは、仏教の中心点が生と死の大きな問題以外の何ものでもないこと、そして私たちの練習がどのようにあなたが全体の事件につい 代わりに、私たちの練習の本質は、私たちが保持するために不変のものは絶対に何もない世界で生きていることの経験と意味の直接的かつ個人的な探 もちろん、その事実、そして完全に生きているという事実を除いて、私たちは何も保持していないということを意味します。

また、無常と死が近いように見える時代をどのように受け入れることができるかについても話します。 私たちが怖がっているからではなく、痛みがあり、練習が私たちに対処するのに役立ちますが、それは事実かもしれません。 代わりに、私たちの練習は、私たちが実際に目を覚ましているときなので、私たちが無常の現実と対面しているときに生きています。 無常の真実はずっとそこにあった。

物事が平和で安定しているとき、私たちは皆満足し、十分な時間があると仮定して動作し、幸福のために頼る条件付きのものは続くでしょう。 私たちが満足しているとき、本当の変革と洞察に必要な献身と緊急性の感覚で練習するのは難しいです。 あるいは、私たちの生活の見かけの強固さが壊れやすいか、一時的に見えるようになると、私たちの生活がそれに依存しているかのように、生と死の大

最初から: 仏の精神的な検索

無常の問題は、最初から仏教の中心にありました。

彼が目覚め、”仏陀”または”目覚めた者”として知られるようになる前、シッダールタ-ゴータマは支配階級の一員として快適で特権的な生活を送っていた。 伝統的な話によると、彼の父はシッダールタが精神的な探求者になるために家を出ることを心配していたので、彼は彼の息子が官能的な喜びに気を取られ、何も欠けていなかったことを確認しました。 シッダールタはとにかく不満になる。 パーリのカノンでは、仏は彼の豪華な人生を若者として描写し、次のように言います:

“私はそのような幸運、そのような完全な洗練に恵まれていたにもかかわらず、思考は私に起こった:”老化を超えてではなく、老化の対象ではなく、老化の対象である、彼自身が老化している別の人を見ると、彼は恐ろしく、屈辱的で、&うんざりしており、彼も老化の対象であり、老化を超えていないことを自分自身に気づかない。 老化の対象であり、老化を超えていない私が、恐ろしく、屈辱を受け、&が老化している他の人を見ることにうんざりしていたなら、それは私にはふさわしくな”私がこれに気づいたように、若者との若者の中毒は完全に消えました。”

仏は、彼が病気と死の周りに同様の洞察を経験したと言うようになり、したがって、健康と人生との彼の中毒も離れて落ちた。 その結果、シッダールタは、托鉢僧としてフルタイムの精神的な練習を追求するために家を出ました。 その過程で、彼は信じられないほどの禁欲的な慣行に身をさらし、ある時点で実質的に自分自身を餓死させました。

最終的に、仏は官能的な耽溺と禁欲主義の両極端の中間の方法を実践することに決めましたが、彼の精神的な検索で彼の人生を危険にさらす彼の意 最初から、仏は生と死の問題に対処するためのいくつかの方法を探していました。 私たちの幸福は、幸運、健康、若さ、愛、地位、人生のような条件付き、永続的なものに完全に依存していますか? 私たちができる限り幸運な状況に固執し、必然的にすべてを失うときに絶望に陥る以外にできることはありますか? 仏にとって、生死の問題に対処すること自体が生死の問題でした。

無常についての仏の洞察

では、仏は彼の検索で何を見つけましたか? 彼は無条件の幸福のいくつかの種類、または少なくとも平静へのアクセスを得ましたか? あなたの人生のすべての素敵なものがバラバラになったときに消えない何か?

仏は運命の残酷な風を超えた存在の方法に目覚めました。 彼の答えは少し難しいですが、私と一緒に耐えてください。

仏教の天国-六道の一つ

まず、仏の平和は天国の考えに依存していないことを知ることが重要です。 実際には、天国は仏教の宇宙論の一部であり、精神的で官能的なレベルで驚くほど至福であると説明されています。 しかし、仏教の天国は永続的ではありません。 (私は仏教がすべて無常についてだったと言っていませんでしたか? 仏法によると、あなたの天道での滞在は本当に長い時間が続くかもしれませんが、最終的にあなたをそこに持っていた良いカルマがなくなるでしょう。 そうすると、あなたは別の存在領域に生まれ変わり、天国以外のすべての領域は苦しみを伴います。 時々たくさん。 さらに、仏教の神話によると、天国の損失はそこにある苦しみの最も耐え難い形です!

この教えを理解するためには、再生や他の領域を文字通り信じる必要はありません。 例えば、高度に発達した先進国の私たちの多くは、多かれ少なかれ、天国の領域に住んでいます。 私達は私達がするべきそう多くの楽しい事を有するとき生死の大きい問題に直面するためにひどく動機を与えられない。 私たちが快適で幸せな状況の終わりを熟考するとき、それは恐ろしいことがあります。

だから、それは別の領域で永続的な至福の約束を楽しみにしていない場合、無常に対する仏の答えの性質は何ですか? 基本的に、仏は無常そのものについて何もするべきことがないことに気づいた。 それは存在の性質の一部であり、彼はそれをアニッカと呼んだ。 仏も見たのは、私たちの苦しみを引き起こすのは無常そのものではなく、それに対する私たちの抵抗であるということでした。

私たちは物事を持続させたい(少なくとも、私たちが識別し、気にし、依存しているもの)。 私たちは生き続けたい、と私たちはその出来事の中心と思われる自己の感覚を持っています。 私達は私達がその自己の部分であると見る関係および事のすべてと共に自己の私達の感覚を、造り上げ、保護する。 生と死の循環的なプロセスの形で、そして変化と喪失の必然性において、無常は私たちの死すべき敵のように思えます。 物事が素晴らしい場合でも、我々は可能性–必然性、本当に–彼らは最終的に悪化のために変更されますことを認識しているので、我々は、ストレスの一定のレベ

無常への抵抗を放棄すれば、苦しみから解放されます。 私たちは、自己の感覚を強化するために物事を把握するのをやめると、平和へのアクセスを得ます。 私たちは、深いレベルで、すべてが変わることを受け入れることができたときに、穏やかな喜びと感謝のようなものを経験します。 私たちの幸福と人生は一定のものに依存していると考えていますが、実際には私たちの存在は原因と条件の流れです。 それぞれの瞬間は奇跡として近づくことができます。 痛みと喪失の真っ只中でさえ、無常に対する抵抗をあきらめることは救済をもたらします。 実際には、物事が困難なとき、無常を思い出させることは強さと慰めの大きな源になることができます。

私たちの直接かつ個人的な無常の探求

もちろん、無常への抵抗をあきらめるのは簡単ではありません。 それは老齢、病気、損失、および死のザラザラの現実に直面したときに穏やかな喜びを経験するためにほとんどの人間に自然に来ていません。 私たちが愛し、識別する存在や物事の保存を含む自己保存への本能は、仏が達成した平和の種類に乗り越えられない障害を提示するようです。 私たちの習慣的な考え方は二元的です: 私たちの人生を大切にし、感謝し、世話をすることは、それが永続的であるという事実の心からの抱擁と矛盾するようです。 例えば、パンデミックに直面して、生命を精力的に保護し、保存することは、死が私たち全員にとって避けられないという事実への抵抗を放棄すると矛盾しているようです。

しかし、無常を受け入れる実際の経験は、私たちのほとんどがそれを考えているものではありません。 人生を保存し、感謝する活動の真っ只中でさえ、人生と同じくらい死の中に現れる存在の不思議を理解することは可能です。 無常のレンズを通して見ると、人生はさらに貴重に見えることができます。 私たちが保持するものを把握していないとき、私たちはすべてのものとはるかに大きな親密さを開きます。

無常を受け入れることは、私たちが採用する視点や信念に関するものではありません。 これは、自分自身や他の人に言うことではありません、”ああまあ、すべてが無常です! 人々の束は、彼らがそうでなければよりもはるかに早く病気で死ぬ場合は大したことはありません。”そのような考えは一時的に私たちに力を与えるかもしれませんが、物事が本当に厳しくなると、単に知的、あるいは感情的である限り、私たちのサポートは

仏教の実践を通して、私たちは私たちが保持するために絶対に変わらないものがない世界で生きていることの経験と意味の直接的かつ個人的な探査 私たちは率直に言って、私たち自身の無常に直面することによってこれを行います。 私たちの瞑想では、私たちはおそらく「自己」の変化として識別できるすべてのものを見ています:私たちの感覚、認識、思考、意識。 私たちが年を取ったり、病気になったり、怪我をしたりすると、私たちは自分の体の無常を熟考します。 私たちが感情的に十分に強いなら、私たちは自分の死を熟考します。 仏教の僧侶が仏の時代に瞑想するための非常にお勧めの場所は、死体が焼かれるために送られた炭坑の地面として。

仏は以下の詩を教え、これは世界中の仏教徒によって”五つの思い出”として唱えられています:”

“これらの五つの事実は、女性であろうと男性であろうと、在家であろうと出家であろうと、しばしば反映すべきである。 どの五つ?

“私は老化の対象であり、老化を超えていません。”これは、女性であろうと男性であろうと、在家であろうと出家であろうと、しばしば反省すべき最初の事実です。

“”私は病気の対象です、病気を超えていません…”

“‘私は死の対象です、死を超えて行っていません…”

“‘私は親愛なると私に魅力的であるすべてのものとは別の、異なる成長します…”

“‘私は私の行動の所有者であり、私の行動の相続人であり、私の行動から生まれ、私の行動を通じて関連し、私の仲裁人として私の行動を持っています。 私が何をしても、善のためにも悪のためにも、それに私は相続人に落ちるでしょう。'”

私たちは自分の無常を熟考するとき、私たちは正確に何をしていますか? 私達はちょうど私達および私達の愛する人に起こることができるすべてのひどい事に病的に住居のまわりで坐っているか。 確かにそれは答えではない;私達の沢山はそのように考える夜に投げ、回り、心配にだけ導く。

いいえ:私たちが自分の無常を瞑想するとき、私たちは未来について考えていません。 代わりに、私たちは現在の瞬間に滞在しようとしています,右ここ,今,具体化. この瞬間、無常の真実は、私たちが見て喜んでいるなら、私たち自身の鼻よりも近いです。 私たちは呼吸し、自分自身に尋ねる”無常の真っ只中に生きているものは何ですか? 必然的に終わりに来るこの経験の性質は何ですか? 老齢、病気、喪失、死にもかかわらず、この存在を貴重なものにするのは何ですか?”哲学的な答えは、私たちがこれを行うときに私たちに起こるかもしれませんが、本当に変革的な洞察は言葉を超えています。 私たちがこの瞬間を直接経験しているとき、他のものと比較してその価値を推定することなく、人生は裸で本物の私たちの前に現れます。 私たちは、完全に生きていることは、私たちが何かをまったく保持しないことを意味していることを自分自身で知っています。

無常と死が近くに見える時代を受け入れる

無常と死が近くに見えるとき、私たちは仏教の練習のための理想的な機会を持っています。 私たちの生活が快適で快適で、近い将来そのように滞在するように見えるとき、私たちは一時的で一時的なすべてが実際にどのように把握すること 健康に恵まれた私たちのものは、私たちは永遠に生きるつもりだと思うし、高齢者の顔が鏡から私たちに戻ってピアときにショックを受けています。 確かに、私たちは知的に私たちが永遠に生きるつもりはないことを知っていますが、私たちがその事実に物理的に直面するまで、無常を信じないこ 変化、喪失、死が文字通り私たちの体、私たちが愛する人たちの体、そして私たちの日常生活の具体的な詳細に現れるまで、私たちの状況の現実に目を

人間の領域-六つの領域の一つ; 出生、老齢、病気、悲しみ、死を含むだけでなく、精神的な練習(瞑想の人)

先に述べた六道の仏教宇宙論では、人間の領域は、あなたが精神的な練習を進めたい場合には、生まれてくるのに最適な場所と考えられています。 天界はとてもいいですあなたはちょうど練習するわずかな傾きなしに、自己満足でそこに永い年月を過ごす。 天国でのあなたの時間の終わりが近づいているのを見たら、あなたは多くの時間を無駄にしました。 他の6つのレルム–再び、あなただけの比喩的にこれらを見ることができます–嫉妬半神、獣、空腹の幽霊、地獄のレルムです。 私たちがこれらの4つの領域にいるとき、私たちが精神的な練習に集中するにはあまりにも多くの争い、苦しみ、または愚かさがあります。 私たちが深刻な練習を可能にするために不快感と幸運のちょうど良いブレンドを持っているのは、人間の領域でのみです。

人間の領域の主な特徴は–あなたがそれを推測した–無常です。 時には物事は素晴らしいですし、私たちは興奮と欲望で満たされていますが、その後、物事が変化し、私たちは荒廃しています。 時には物事は悲惨ですが、私たちは希望をあきらめないように、彼らが良くなるかもしれないことを知っています。 私たちの生活の中ですべての明白なはかなさは、精神的な質問を鼓舞:私は誰ですか? これはすべてについて何ですか? 私は何に頼ることができますか? どのように私は意味を見つけるのですか?

したがって、すべてを消費する痛みや争いは仏教の練習で障害になる可能性がありますが、無常の経験自体はそうではありません。 私たちの体と生活の脆弱性に直面して来ることは、通常、快適で快適ではありませんが、それは私たちが世界ですべての時間を持っている妄想夢から目

十三世紀の日本の禅マスター道元は、時間を通して多くの偉大な精神的な指導者のように、早期の損失のために練習に専念するように促されました。 父は高貴な身分であったと考えられているが、道元は庶子であったため、父は絵に描かれていない。 そして、道元の最愛の母が七歳の時に亡くなりました。 その後まもなく、道元は出家した。 道元は随筆”学道要人集”の中で次のように記している。:

“悟りを目指す心は多くの名前で知られていますが、それらはすべて一つの心を指しています。 先祖のマスター Nagarjunaは言った、”発生し、減衰の流動的に見て、世界の無常性を認識する心はまた、悟りを目指す心として知られています。 私たちはこの心を悟りを目指す心と呼ぶべきでしょうか? 世界の一時的な性質が認識されるとき、普通の、利己的な心は起こらない;名声および利益を追求する心もない。 時間の迅速な経過を恐れて、火からあなたの頭を救うかのように道を練習してください。”

私たちは無常が私たちの練習を鼓舞することを可能にするように、私たちは常に身体、言葉、心の行動の結果を見て、自分自身を世話する必要があります。 人生の一時的で壊れやすい性質の熟考は、理想的には他の人々の支援を受けて、そして強力な精神的な伝統の中で、正しい方法で行う必要があります。 トンネルの終わりに光があることを他の人が私たちに奨励することなく、無常の内臓の現実を下に直面することは、単に恐怖、うつ病、または絶望を感

幸いなことに、仏は、私たちが保持するために不変のものは絶対に何もない世界で生きていることの経験と意味の彼の直接かつ個人的な探求に新 彼は良いニュースで森から現れた:私たちは死を含む無常への抵抗を手放すことができ、それによって平和と解放を達成するために練習する方法があ 練習は簡単ではありません。 私たちのいくつかは、一晩無条件の平静と穏やかな喜びに飛躍することができます。 しかし、仏と彼の後に来たすべての仏教の教師は、最終的には、私たちの誰もが解放を見つけることができることを私たちに保証します–無常を逃れる

Endnotes

AN3.38Sukhamala Sutta:洗練された。 Thanissaro Bhikkhuによってパーリから翻訳されました。 https://www.accesstoinsight.org/tipitaka/an/an03/an03.038.than.html
“Upajjhatthana Sutta:熟考のための被験者”(AN5.57),Thanissaro Bhikkhuによってパーリから翻訳. インサイトへのアクセス(BCBS版)、30November2013、http://www.accesstoinsight.org/tipitaka/an/an05/an05.057.than.html。
法通菩提心。 駒澤大学角田泰龍先生による解説。 https://global.sotozen-net.or.jp/eng/library/key_terms/pdf/key_terms19.pdf