虹彩黒色腫

47歳の男性1997年に虹彩病変の評価のために参照OS

Avinash Tantri,M.D.,Wallace L.M.Alward,M.D.and Thomas A.Weingeist,M.D.,Ph.D.

February21,2005

主訴:47歳の男性は、虹彩病変osの評価のために1997年に言及しました。

現在の病気の歴史:病変OSは1972年に最初に注目されました。 患者は色素沈着の増加を認めた。 彼は1997年にアイオワ大学で評価され、この病変を見ることに決めました。 2004年には、色素沈着した虹彩病変OSのゆっくりとした進行性の成長があった。 他の眼の苦情や視覚的な問題はありません。

PMH/FH/POH:非寄与。

試験

  • 最高の補正された視覚acuities:20/20ODとOS
  • 生徒:正常OD、Corectopia OS、なしRAPD
  • CVF:フルOU
  • IOP:17mmHg ODと15mmHg OS
  • eom:フルou
  • sle:下の写真を参照
  • 眼底:正常ou
  • 超音波検査毛様体の関与なしに最大厚さ1.07MMの虹彩腫瘤で注目されています。

図1:SLE検査OS。 瞳孔縁からcorectopiaを引き起こす角度に伸びる暗く彩色された損害。 質量の不規則性、血管性、および上昇がある。 エクトロピオンuveaがあります。 これは私たちの写真アーカイブからの患者の以前の写真です。 この病変を図2の病変と比較します。

虹彩黒色腫

図2:虹彩黒色腫のGonioscopy. A)アイリス黒色腫の細隙灯の眺め。 現在、虹彩病変の形状、パターン、および成長に変化があります(図1と比較して)。 B)虹彩黒色腫のGonioscopyは、末梢虹彩への質量の拡張を示すが、小柱メッシュワークの浸潤を示さない。

虹彩黒色腫のgonioscopy

図3:センチネル船。 眼内黒色腫(センチネル血管)を供給する充血した血管の細隙灯写真。

センチネル船

図4:虹彩切除術は、虹彩病変を除去するためにperfomedました。

虹彩病変の除去を示すビデオ。

ビデオの読み込みに失敗した場合は、Windows Media形式でビデオをダウンロードしてください
Wallace Alward,MD;Assisted by Thomas Weingeist,MD,PhD

図5:虹彩毛様体切除後のSLE Photos OS
虹彩欠損症 虹彩欠損症

図6:低根性黄斑症。 A)虹彩毛様体切除後,術後低血圧が認められ,脈絡膜しん出液および視神経腫脹が認められた。 低根性黄斑症は術後視力の一時的な低下と関連していた。 B)眼圧は数週間にわたって増加し、視神経腫脹および低張性黄斑症は2-3週間以内に解決した。 視力は手術後一ヶ月で20/20であった。

低根性黄斑症

図7:虹彩黒色腫の病理
病理学 黒色腫を含む切除された虹彩組織の低電力ビュー。
虹彩黒色腫の病理 黒色腫と母斑細胞の両方を含む腫瘍の100倍のビュー。 細胞は侵襲性であり、色素性であり、巣を形成する。
虹彩黒色腫の病理 メラニンを除去するために漂白剤で処理された腫瘍の200倍のビュー。 大きな空胞化した核に注意してください。 細胞構造は異型を示す。
虹彩黒色腫の病理 スライドは、腫瘍が強膜を通って侵入しないことを示しています。

議論

虹彩黒色腫

虹彩は黒色腫の珍しい主要な場所です。 ブドウ膜組織内では、黒色腫の最も一般的な場所は(降順):脈絡膜、毛様体、および虹彩である。 虹彩黒色腫は、ブドウ膜黒色腫の3-12%を構成する。 年間発生率は約1/百万です。

危険因子には白人人種と明るい虹彩の色が含まれます。 疑わしい危険因子には、神経線維腫症1型(NF-1)および日光曝露が含まれる。 虹彩黒色腫の大部分は、虹彩の下半分に発生し、これはさらに日光暴露を関係させる。

患者は様々な方法で存在する。 通常、患者または眼科医は、時間の経過とともに成長する虹彩上の点を指摘する。 より少なく共通の提示の印および徴候は高められたIOP、減らされた視野およびhyphemaを含んでいます。

虹彩黒色腫は様々な成長パターンを示す。 二つの主要なカテゴリは、結節性またはびまん性の成長パターンを含む。 「環状黒色腫」は、虹彩の周囲に円形に成長する腫瘍を記述するために使用される用語である。 これらの腫瘍は通常拡散成長パターンを表示します。 虹彩黒色腫は、3つの組織学的タイプに分けることができる:スピンドルB、類上皮、および混合。 紡錘Bは共通のタイプです。

虹彩黒色腫はiop上昇を示す可能性があるが、大多数はそうではない。 IOPの増加の原因は議論の余地がありますが、次のものが含まれます:

  • 腫瘍による角度浸潤
  • 色素分散
  • 腫瘍による解剖学的角度閉鎖(まれ)
  • プラーク放射線療法後の血管新生

上昇したIOPは、局所または経口薬 虹彩黒色腫の治療は、IOPを軽減するのにも役立つ可能性があります。 アルゴンレーザー小柱形成術(ALT)を行うことは、腫瘍細胞の分散を引き起こす可能性があるため、議論の余地があります。 いくつかの著者は、腫瘍から離れてALTを実行することを提案しています。 サイクロデストラクティブ手順も議論の余地があります。 ろ過手術は転移と関連しているため禁忌である。

良性虹彩母斑と悪性虹彩黒色腫を区別することは困難な場合があります。 多数の調査は下記のものを含んでいる敵意のための危険率を明白にするように努めました:

  • 成長の写真文書
  • サイズ(>3mm diam X>1mm厚)
  • 緑内障および/または色素分散
  • 浸潤
  • 顕著な血管
  • ハイフーマ
  • リング成長

しかし、上記の危険因子は悪性腫瘍を示唆しているが、機能の多くは、いくつかの虹彩母斑に見られることがあります。 以下は虹彩母斑に見られることがあり、場合によっては脱核につながっている:

  • 成長
  • 緑内障または色素分散
  • 外反性Uvea
  • Hyphema
  • びまん性または結節性成長
  • 経強膜関与
  • 角度関与
  • タピオカまたはリングの外観
  • 血管性
  • 白内障

転移は虹彩黒色腫では珍しい。 10年でのスプレッドの全体的な割合は3-5%です。 類上皮腫瘍はわずかに高い率(7%)を示し、混合腫瘍は最も高い率(11%)を示す。 これは、類上皮であれば最も容易に転移する脈絡膜黒色腫とは対照的である。

虹彩黒色腫の真の転移率はおそらく低い。 転移率を文書化する研究には、生検で確認された腫瘍を有する患者のみが含まれる。 多くの患者は母斑と誤解されるか、または全く確認されない成長が遅いアイリス黒色腫があるかもしれません。 他の患者は、虹彩黒色腫であると考えられているが、長期的に追跡され、生検を受けることはない成長の遅い病変を有する。 したがって、上記の研究が最も攻撃的な腫瘍を選択する可能性が高い。

虹彩黒色腫の転移率は毛様体黒色腫よりも低く、脈絡膜黒色腫よりもはるかに低い。 転移が起こると、肝臓および肺が最も一般的な部位である。

転移の危険因子を特定するための研究が行われている:

  • 混合または類上皮腫瘍
  • 浸潤(角度または経強膜)
  • IOPの増加
  • 緑内障手術

良性母斑によって時折示される積極的な特徴のため、診断が困難 診断オプションは次のとおりです:

  • 写真で時間の経過とともに病変を追跡する(最高)
  • 超音波生体顕微鏡
  • 細針吸引(FNA)–安全ですが、偽陰性の報告
  • 切除生検
  • 脱核

脱核視力の悪い目で考慮することができます。 一つの例は、難治性のIOP上昇を伴う眼である。 FNAは転移の危険性の増加と関連していません。 しかし、母斑細胞と黒色腫細胞の両方で構成される腫瘍では、FNAは母斑細胞のみを拾うことができる。 さらに、角度から遠く離れた小さな成長の遅い腫瘍では、FNAは管理を変更しない可能性があります。 より小さな病変に対しては切除生検を考慮することができる。

明らかな虹彩黒色腫は、単に脈絡膜または毛様体黒色腫の延長である可能性があることを考慮することが重要です。 超音波のbiomicroscopyはこれを調査して特に有用である場合もあります。

以下に挙げた他の診断モダリティはあまり使用されません。

  • 赤外線透過
  • フルオレセイン血管造影

虹彩黒色腫の治療オプションは次のとおりです:

  • 観察
  • 切除
  • 脱核
  • プラーク放射線療法

プラーク放射線療法は、虹彩黒色腫の最新治療法です。 虹彩黒色腫の前方位置のために、放射線網膜症は治療後には一般的ではない。 白内障および虹彩炎は、放射線療法の最も一般的な副作用である。

私たちの患者は、黒色腫を完全に除去するために虹彩毛様体切除術(ビデオ参照)を受けることにしました。 患者は再発のために検査され、肝機能検査および胸部X線の毎年のモニタリングを受けるべきである。

診断:虹彩黒色腫

疫学

  • 年間発生率1/ 1,000,000
  • 3-12% ブドウ膜黒色腫のうち
  • 危険因子:白人;明るい虹彩色;NF-1;日光
  • 平均発症年齢:40-50歳
  • 場所: 虹彩の下半分

転移のリスク要因

  • 混合または類上皮腫瘍
  • 浸潤(角度または経強膜)
  • IOPの増加
  • 緑内障手術
  • 全体:3-5%
  • 7%
  • 混合: 11%

悪性腫瘍の兆候

  • 成長の写真ドキュメント
  • サイズ(>3mm diam X>1mm厚)
  • 緑内障および/または色素分散
  • 浸潤
  • 顕著な血管
  • ハイフーマ
  • タピオカやリングの成長

症状

  • 目の斑点が成長する
  • IOPが増加する
  • 視力が低下する
  • ハイフーマ

治療

  • 写真で時間をかけて病変をフォロー (best)
  • FNA – safe, but reports of false negatives
  • Excisional biopsy
  • Enucleation
  • Observation
  • Excision
  • Enucleation
  • Plaque radiotherapy

Differential Diagnoses for Iris Masses/Pigmentation

  • Iris nevus
  • Melanoma
  • Choroidal or ciliary body melanoma
  • Iris cyst
  • Hemangioma
  • Metastatic CA
  • ICE syndromes
  • Iris FB
  1. Honavar SG, Singh AD、Shields CL、Shields JA、Eagle RC Jr.神経線維腫症患者の虹彩黒色腫。 サーヴァント-オブ-ザ-イヤー 2 0 0 0Nov−Dec;4 5(3):2 3 1−6.
  2. Gislason I,Magnusson B,Tulinius H.アイスランドのブドウ膜の悪性黒色腫1955-1979. アクタ眼科(コペン)。 1985Aug;63(4):389-94.
  3. Geisse LJ,Robertson DM. 虹彩黒色腫 アム-ジェイ-オーソドックス。 1985Jun15;99(6):638-48.
  4. Isager P,Ehlers N,Overgaard J.脈絡膜および毛様体黒色腫に対する脱核後の生存の予後因子。 アクタ眼科Scand. 2004Oct;82(5):517-25.
  5. Singh AD,Topham A.米国におけるブドウ膜黒色腫の生存率:1973-1997. 眼科… 2003May;110(5):962-5.

推奨引用形式:Tantri A,Alward WLM,Weingeist TA. 虹彩黒色腫:47歳の男性は、虹彩病変OSの評価のために1997年に言及しました。 EyeRounds.org.February21,2005;から利用可能:http://www.EyeRounds.org/cases/case25.htm.

最終更新日:02-21-2005