古い問題への新しいアプローチ:蛍光における内部フィルター効果タイプIおよびII

蛍光技術は非常に人気があり、多くの研究分野で使用されている。 それはその前提が単純ですが、非常に使いやすいではありません。 主な問題の一つは、キュベットで起こる内部フィルタ効果(IF)IとIIです。 タイプIが永続的に存在する場合、タイプIIが吸収スペクトルと蛍光スペクトルが重複する場合にのみ発生する場合。 タイプIの場合を避けるために、キュベット内の吸収率は0.05より小さくする必要がありますが、これは多くの実験で得ることは非常に困難です。 本研究では,前世紀半ばに開発された古い方程式に基づいて,水平方向のスリットを有するCary食蛍光計の場合にこれらの問題を解決するための新しい方法を提案した。 この方法は,MATLABとGRAM/AI環境で書かれたスクリプトを共有するので,垂直方向のビームを持つ他の機器にも適用できる。 この方法の計算により,放射スペクトルと励起スペクトルの正しい形状と蛍光強度を得るために必要なキュベット内のビームジオメトリパラメータを指定することができる。 吸光度に対するこのような特定の蛍光強度依存性は、多くの場合、トリプトファン(Trp)、チロシン(Tyr)、およびローダミンB(RhB)溶液の使用で実証された直線の傾きを 例えば、TyrについてQY=0.14と仮定すると、RhBについて決定されたQYはQY=0.71±0に達しました。図05に示すように、TyrとRhBの測定は全く異なるスペクトル範囲で行ったが。