利己主義

ピリピ人への手紙第2章4節
すべての人が自分のものではなく、すべての人が他人のものでも見てください。

I.利己主義は罪の根源です。 利己主義は、自分自身の中で、そして自分のために生きています。 それは様々な面で現れます。
1. 思考の中で。 自己は、人間の宇宙の概念の中で最大の人物になります。 自己の影は他のすべてのものに横たわっています。 自己のメリットは誇りに拡大されます。 虚栄心は、自分の自己のために他人の賞賛を切望します。 自己崇拝は、自分の意見を保持することに偏見を持ち、他の男性の意見を拒否することに偏見を持った男を作ります。
2. 感じで。 自己愛は利己的な人の心を満たします。 彼は他の人の悩みで悲しみおよび別の喜びの喜びを有しない。 共通の人生の共通のパルスによって動かされた偉大な体の一員として感じるのではなく、彼は孤立した細胞のようなものです。
3. アクションで。 自己意志は支配的なエネルギーとなり、支配的な動機を自己探求する。 その極端な開発では、これは肯定的な残酷さになります-他人の痛みを通して自分の喜びを追求します。 さて、このすべては神と人の目の前で罪深い、と社会に恐ろしく有害です。 戦争、犯罪、不祥事など、利己主義のいくつかのフォームからすべての春。
II.キリスト教は利己主義の根絶を必要としているが、人間が自分自身だけを考える限り、福音の意味を学んでいない。 彼は彼が彼の精神的な福祉と呼ぶものを求めているかもしれません-地獄からの脱出、幸せな未来、またはここでの平和。 しかし、これはすべて利己的です。 真のキリスト教の生活が確立されるためには、あらゆる点での利己主義が根こそぎにされなければなりません。
1. 思考の中で。 これは悔い改めに不可欠です。 私たちが天の御国に入る前には、謙遜と罪の告白が必要です。
2. 感じで。 私たち自身の魂を救うのではなく、キリストへの愛は、私たちを鼓舞すべき偉大な動機です。 私たちの仲間の男性への愛は、個人的な快適さではなく、私たちの生活に浸透すべき精神です。 私たちはキリストに従う限り、唯一のクリスチャンです。 そして、キリストは自分自身を否定し、”良いことについて行った。”聖人の献身のすべての自負は、自己が私たちの心の中に即位している限り、偽善のために、何のために、または何よりも悪いためにカウントされます。
3. アクションで。 信仰は自己無欲を前提としており、それは自分自身を他の人に降伏させることです。 それは二つの形態を取る-
(1)私たちの救い主としてキリストにある彼の恵みに依存して神の意志に私たちの魂の提出;と
(2)私たちのマスターとしてキ -W.F.A.

平行詩

口語: 自分のものにすべての人ではなく、他の人のものにもすべての人を見てください。

ウェブ:あなたのそれぞれは、自分のものだけを見ているのではなく、あなたのそれぞれは他のものにも見ています。