モランコア

小児虹彩嚢胞

ホーム/小児眼科と斜視/角膜の疾患,前セグメントと虹彩

タイトル:小児虹彩嚢胞
著者:Karl Andersen,MSIV—Geisinger Commonwealth School of Medicine
写真家:Danielle Princiotta
画像:

図1:右眼の大きな虹彩嚢胞(12:00-4:30)

図2:左眼の虹彩嚢胞(2:30-4:00)、小嚢胞(7:00-9:00、写真の外の眺め)

キーワード/主要な主題:アイリス、前方の区分のdysgenesis、アイリス嚢胞

診断:前方の区分のdysgenesis、アイリス間質嚢胞

ケースの提示:3か月の女性患者は頻繁な引き裂くこと、光感受性、異常な追跡および瞳孔の非対称性に気づいた彼女の親によって医院に持って来られました。 患者は前セグメント異形成,鼻涙管閉塞および先天性白内障と診断された。 約3歳で、患者は右眼の虹彩の鼻側面に大きな多葉嚢胞を発症していることが判明しました(図1)。 彼女はその後、左眼に二つの小さな嚢胞を発症した(図2)。 6歳の時、視覚的に重要な先天性白内障は正常に除去されました。 最近の視力は、右眼で20/50、左眼で20/100であった。

考察:幼児期または幼児期に診断されることが多いが、異常な発生学的発達のために原発性虹彩間質嚢胞が発生する可能性が高いが、場合によっては獲得する可能性がある。1,2先天性虹彩間質嚢胞は、子供の虹彩嚢胞の16%を構成する。それらが拡大するようになれば、これらの包嚢は頻繁に視野を妨げ、緑内障、corneal問題および虹彩炎を引き起こすことができます;虹彩のstromal包嚢を持つ患者のための視覚予想は守られます。1

他のタイプの虹彩嚢胞には、一次色素上皮嚢胞(間質嚢胞よりもはるかに一般的)および様々な二次嚢胞が含まれる。2原発性色素上皮嚢胞は、通常、安定しており、十代の年の前に診断されず、めったに眼の合併症を有さないため、これらの嚢胞の視覚予後は原発性間質嚢胞に関連するものよりも良好である。1二次嚢胞は、虹彩の外傷、腫瘍および母斑を含む多くの原因を有する。1それらは視力の減少を含む目の複雑化の原因となるために一次アイリス包嚢より大いに本当らしいです。2Bスキャン超音波および超音波のbiomicroscopy(UBM)は大きいアイリス包嚢の評価のための金の標準である;但し、前房OCTはまた有用である場合もある。3

虹彩間質嚢胞の治療は、保守的なアプローチに基づくべきであり、示されている場合、段階的なエスカレートパターンに基づくべきである。 症状が進行していないか、または症状を引き起こしていない場合、それらは最初に観察され得る。2つの介入には、細針吸引、光凝固(Nd:Yagまたはアルゴンレーザー)、または最後の手段として切除が含まれる。1,2再発の可能性を減少させるために、嚢胞腔は、吸引後のエタノールの注入によって硬化症を誘発することができ、非常に効果的であり、乳児でも安全であることが示されている技術である。4,5代替的に、抗ミトーシス剤を注入して再発を予防することができる。2つの一次色素上皮虹彩嚢胞および二次虹彩嚢胞は、同じ技術で治療され、同様の症状ベースのエスカレートパターンに基づいている。

小児の虹彩嚢胞は出生時には存在しないかもしれませんが、目の発達と成長によって明らかになる先天性異常を表している可能性があります。 小さな嚢胞は新生児では検出されず、幼児期に症状が現れるのに十分な大きさになったときにのみ開業医に明らかになることがあります。 新生児期における虹彩嚢胞の診断の難しさは、この構造異常の可能性の高い先天性病因を割り引く根拠として使用すべきではない。 先天的病因学は上に示される患者で見られたように小児科のアイリス包嚢が前の区分のdysgenesisのような目の他の生来の異常の患者で成長するとき特に

  • 角膜、前眼部、虹彩の疾患。 で:基礎と臨床科学コース(BCSC)セクション6:小児眼科と斜視. カリフォルニア州サンフランシスコ: アメリカ眼科学会;2014:259.
  • Georgalas I,Petrou P,Papaconstantinou D,Brouzas D,Koutsandrea C,Kanakis M.虹彩嚢胞:診断と治療に関する包括的なレビュー。 サーヴァント-オブ-ザ-イヤー 2018May-Jun;63(3):347-364.
  • Hau SC,Papastefanou V,Shah S,Sagoo MS,Restori M,Cohen V.2014. 超音波Bスキャン対前方セグメント光コヒーレンス断層撮影による虹彩および虹彩毛様体病変の評価。 ブラジリアン柔術黒帯。 2015Jan;99(1):81-86.
  • Behrouzi Z,Khodadoust A. 嚢胞内エタノール灌漑による上皮虹彩嚢胞治療。 2003;110(8):1601e5.
  • 16人の患者における絶対的なアルコール誘発性硬化症を伴う虹彩間質嚢胞管理。 ジャマ-オブ-ザ-イヤー。 2014;132(6):703-708.

教員の承認:Mark Mifflin,MD and Griffin Jardine,MD