サブディレクトリにWordPressをインストールする方法

ServerPilotを使用しているときは、サブディレクトリにWordPressをホ

ServerPilotのワンクリックインストーラを使用してWordPressをサブディレクトリに配置することはできません。

まず、ServerPilotで既存のアプリを開き、WordPress用の新しいデータベースを作成します。

これらの手順については、既存のmagentoアプリを使用しています。

ServerPilotが生成するMySQLデータベースのユーザー名とパスワードを必ず書き留めてください。

ここで、SFTPクライアントを介して、アプリが属するシステムユーザーとしてサーバーにログインします。

終了するアプリのwebルートディレクトリにこのパスをたどります:

apps/APPNAME/public

ここでも、既存のアプリ「magento」を使用しています。

ブラウザで新しいタブを開き、https://wordpress.orgにアクセスします。 ページの上部にある[WordPressをダウンロード]をクリックします。

ダウンロードが完了したら、WordPressアーカイブをコンピュータのDownloadsフォルダからMagentoアプリのパブリックフォルダにドラッグします。

次に、WordPressを1回クリックします。ファイルをzipし、Cyberduckファイルメニューからアーカイブを展開を選択します。

アーカイブの抽出が完了すると、Magentoアプリに新しいWordPressサブディレクトリが作成されます。

必要に応じてこのフォルダの名前を変更できますが、この新しいフォルダにラベルを付けるときは、その名前がURLのドメインに従うことに注意してく (明確にするために、サブディレクトリwordpressに名前を付けています。)

今、あなたのブラウザで新しいタブを開きます。 アプリ内で作成したサブディレクトリに移動します。

www.YOURDOMAIN.com/SUBDIRECTORY

私たちの場合、これは次のようになります

www.example.com/wordpress

前に作成したデータベース資格情報を使用して、WordPressのインストールを続行します。

完了すると、サブディレクトリを介してWordPressダッシュボードにログインできます。